RSS

商船三井の自動車船、マレー半島沖で沈没船乗組員救助

2015年2月5日(木) 13時34分(タイ時間)
【マレーシア】商船三井は4日、同社が運航する自動車船「アストラルエース」が1日、南シナ海のマレー半島沖で、半ば沈没した漁船を発見し、乗組員のマレーシア人2人、インドネシア人3人を救助したと発表した。

 救助された乗組員は同日中に、マレーシア海難救助センターの手配したボートに引き渡された。

 「アストラルエース」は全長175メートル、総トン数3万6615トン。フィリピン人22人が乗り組み、シンガポール港からタイのレムチャバン港に航行中だった。
《newsclip》

注目ニュース

崖にへばりつき3時間、ヘリでクライミングのギリシャ人救助 タイ東部ラーン島newsclip

【タイ】9日午後、タイ東部パタヤ市沖のラーン島で、海岸の崖の海面から約100メートル上った地点に男性が張り付いて助けを求めているのを漁船がみつけ、通報を受け出動した海軍のヘリコプターが男性をロープ...

【タイ】タイのテレビ報道によると、18日午後、東部パタヤ市沖約7キロの海上で、ラン島からパタヤ市のふ頭に向かっていたボートが沈没した。乗客のトルコ人8人と乗員は現場近くにいた別の船に救助された。

【タイ】23日午後2時ごろ、タイ東部ラヨン県沖約7キロの海上で、タンクにつかまり漂流していたミャンマー人の男性2人(26、20)がタイ海軍の艦艇に救助された。

【タイ】24日午前10時半ごろ、タイ南部クラビ県のポーダ島の沖合約500メートルの海上で、欧米人乗客18人とタイ人船員2人が乗ったボートが沈没した。乗客、乗員全員は近くを通りかかった船に救助され、...

特集



新着PR情報