RSS

拳銃発砲、ナタ振り回す タイで若者殺傷事件頻発

2015年2月8日(日) 18時55分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、Nakhorn 45 Ruamkatanyu Foundation
【タイ】若者のグループが銃を撃ち合ったり刃物で襲撃する事件がタイ各地で相次ぎ、死傷者が出ている。

 2月4日夜、バンコク都バンカピ区の団地の階段で、少年(16)が銃で撃たれ死亡しているのがみつかった(写真)。警察の調べによると、少年はバイクで走行中、別のバイクに追跡され、徒歩で団地に逃げ込んだが、追ってきた犯人に拳銃で撃たれた。警察はこの事件で、殺人容疑で17歳の少年の行方を捜査している。

 同日夜、バンコク郊外のパトゥムタニ県では、対立する若者グループがバイクで走行しながら拳銃を撃ち合い、少年1人が(16)がけがをした。

 バンカピ区では3日夜、バイクに3人乗りした職業訓練校の男子生徒が銃撃され、1人(19)が死亡、1人(18)がけがをした。警察は被害者の学校と対立する職業訓練校の生徒の犯行とみて捜査している。

 タイ中部のアユタヤ県では3日、ガソリンスタンドで、職業訓練校の男子生徒が若者約20人に襲撃され、ナイフで胸など数カ所を刺され重体となった。警察は同日中に、被害者の学校と対立する職業訓練校の男子生徒8人を傷害などの容疑で逮捕した。

 バンコク郊外のサムットプラカン市では5日昼、幹線道路のスクムビット通りの路上で、若者数人が刃渡り30センチほどのナタを振り回し、別の若者数人を追いかけ回す騒ぎがあった。もつれるように走ってきたバイク数台のうち3台が転倒し、転倒したバイクに乗っていた若者数人がバイクを捨てて走り去った。その後ろをナタを持った若者数人が徒歩で追いかけ、追いつけないとわかると、バイクに2人乗りして現場から逃走した。騒ぎの様子は防犯カメラに捉えられていた。

 こうした事件は地方でも起きている。南部プーケット島のプーケット市では1月29日正午ごろ、バイクに乗った若者グループが乗用車に乗った別の若者グループから銃撃され、少年1人(17)が死亡、2人が負傷した。

 南部トラン県では1月31日夜、バイクに乗った若者グループが銃を撃ち合い、少年1人(12)が死亡した。警察はこの事件で、23歳と20歳の男と18歳と16歳の少年の計4人を殺人などの容疑で逮捕した。
《newsclip》

注目ニュース

バンコクの街中で手製爆弾爆発、職業訓練校生の抗争かnewsclip

【タイ】16日午後4時半ごろ、バンコク都チョンノンシー地区のラマ3世通りの路上で、若い男7、8人が職業訓練校の男子生徒(19)を襲撃、手製爆弾を爆発させるなどし、男子生徒が頭、手などにけがをした。

【タイ】タイのテレビ報道によると、13日午前2時ごろ、バンコク都バンカピ区のシーナカリン通りで、バイクに2人乗りした16歳の少年2人が別のバイク2台から銃撃され、顔、胸などを数発撃たれ死亡した。

【タイ】タイのテレビ報道によると、22日午前7時45分ごろ、バンコク都内のラムカムヘン・ソイ152通りで、工業学校の男子生徒2人が拳銃で撃たれ、1人(16)が胸と首に被弾し死亡、もう1人(16)が...

【タイ】タイのテレビ報道によると、15日、タイ西部ラチャブリ県の職業学校で、男子生徒数百人が鉄パイプやナイフを持ってけんかし、7人が重軽傷を負った。警察は23人を逮捕し、拳銃1丁、爆竹を使った手製...

特集



新着PR情報