RSS

中国:日本からのEMSで商品盗難多発、化粧品やチョコレートなど

2015年2月10日(火) 13時18分(タイ時間)
【中国】日本から中国に送られるEMS(国際スピード郵便)の中身が何者かによって抜き取られるという事件が多発している。

 ある被害者がインターネット上でそのことを公開すると、4万回以上転載されるほどの反響を呼んだ。「自分も同じ被害にあった」などの書き込みも7900件以上に上ったという。福建日報が6日付で伝えた。

 日本から化粧品や食品など約7.7キロの小包を福建省に送った龍さんは、受け取った人から中身が4.8キロしかなかったと聞いて驚いた。包装は元通りになされており、中身の一部が盗まれていた。EMSの追跡機能を使って調べると、「安全検査場から返却」という記録があり、龍さんはこの時点で何者かに盗まれたのでは思っているという。

 こうした経緯をネット上で公表すると、「大阪から送ったチョコレートが盗まれた」「化粧品の乳液やパウダー・ファンデーションの数が少なくなった」などの書き込みが相次いで寄せられた。

 しかし、こうした問題に対して解決策がないのが現状だ。EMSは経由地点が多く、どこで盗まれたのかを特定するのが困難なため。中国の郵便当局に訴えても「調査中」との回答しか返ってこないという。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報