RSS

全日空、4月から燃油サーチャージ値下げ

2015年2月10日(火) 16時39分(タイ時間)
【アジア】全日本空輸(ANA)は2015年4月発券分から国際線旅客の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を値下げする。

 日本で購入した場合、値下げ後のサーチャージ(日本発1旅客1区間片道)は▼タイ、シンガポール、マレーシア、ミャンマー4500円(現行6500円)▼ベトナム、フィリピン、グアム、サイパン3000円(同4000円)▼中国、香港、台湾、マカオ2500円(同3500円)▼ハワイ、インド、インドネシア6000円(同8500円)▼韓国500円(同1000円)▼欧州、北米、中東、オセアニア1万500円(同1万4000円)――。
《newsclip》

注目ニュース

【アジア】日本航空(JAL)は2015年4月発券分から国際線旅客の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を値下げする。

【アジア】マレーシアを拠点とする格安航空エアアジアは原油価格の下落を受け、26日付で、グループ各社の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を撤廃した。

【タイ、シンガポール、インドネシア】全日本空輸(ANA)は3月から、成田、羽田とシンガポール、バンコク、ジャカルタを結ぶ路線で、プレミアムエコノミー(エコノミークラスとビジネスクラスの中間のサービ...

【アジア】全日本空輸(ANA)は2015年6月11日から成田―シンガポール線、同8月1日から成田―バンコク線を増便し、それぞれ1日2便運航する。

【アジア】全日本空輸(ANA)は1月8日発券分の航空券から、国際線エコノーミクラスの乗客が無料で預けられる手荷物をこれまでの1個から2個に増やす。1個あたりの重量(23キロ以下)、サイズ(3辺の和...



新着PR情報