RSS

中国:生後8カ月の実子を高額で売り飛ばす、貴州省の夫婦に懲役刑

2015年2月13日(金) 03時23分(タイ時間)
【中国】中国貴州省で、実のわが子を5万人民元(約95万円)で他人に売るという事件が起きた。

 裁判所はその父親に懲役5年、罰金2万人民元(38万円)、母親の懲役3年(執行猶予4年)、罰金1万人民元(19万円)の判決を言い渡している。銭江晩報が9日付で伝えた。

 調べによると、この夫婦(韋と林、姓のみ公開、ともに20代)に2013年10月、第3子となる女の子が生まれた。しかし男の子を望んでいたため、他人に売ることを決意。知人(方)を介して、生後8カ月になったわが子を、それまでの養育費などと称して5万人民元で、見ず知らずの男性(陳)に売り渡したとされる。

 裁判で韋は、「他人の子どもを売ったのでなく、自分の子どもを売ったのになぜ罪になるのか」と主張。裁判所は「実際の養育費とかけ離れた高額の金銭を要求したことは、『誘拐売り飛ばしの罪』に当たる」として被告の主張を退けた。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報