RSS

中国人の結婚観に変化?、男女16%が「姉さん女房」厭わず

2015年2月15日(日) 11時37分(タイ時間)
【中国】バレンタインデーを前に、中国の大手婚活サイト「珍愛網」が、未婚男女が結婚相手に求める条件についてのアンケート結果を明らかにした。人民網が11日付で伝えている。

 女性が結婚相手に求める収入のアンケート結果は、「自身の2倍以上」が72.38%、「自身と同程度」が17.13%、「自身の半分以下」が0.19%、「全くなし」が0.84%となり、従来通り、収入の多い男性ほど結婚相手として女性に歓迎される現実が裏付けられた。

 一方では、「夫が妻より年上たるべき」という結婚観が根強く残る中国で、従来と異なり、「姉さん女房」を厭わない未婚男女の割合が上昇していることも分かった。結婚相手として考えられる相手の年齢を訪ねたアンケートの結果、16.5%の未婚男女が「年上妻」、「年下夫」を受け入れると答えている。「男性が女性より0~5歳年下で構わない」と答えた回答者の割合は、女性9.18%、男性8.77%。「男性が女性より5歳以上年下で構わない」と答えた女性の割合は6.27%、「男性が女性より5~10歳年下で構わない」と答えた男性の割合は5.99%となった。

 また、日本とは比べものにならないほど結婚をせかす両親のプレッシャーが強い中国だが、結婚適齢期の未婚男女は、バレンタインデーを前に、相手を見つけることにそれほど焦っていないことが分かった。「バレンタインデーのために、急いで相手を見つける必要はない」と答えた回答者の割合は、女性56.84%、男性47.19%に上っている。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】国家衛生計画生育委員会は10日の定例会見で、「1人っ子政策」の実施により偏りが顕著な人口男女比率は、この先、結婚や就職などの局面で重大な影響を及ぼすことが避けられない――とする見解を示した。

【中国】韓流ドラマの放送枠拡大に伴い、若い中国人カップルのあいだで、韓国式「結婚記念写真」の人気が高まっている。結婚記念写真を撮影するために韓国を訪れる中国人カップルは、4~5年前から右肩上がりに増...

特集



新着PR情報