RSS

ラオス国境の東北部ノンカイ、タイ官民が工業団地開発

2015年2月15日(日) 19時16分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、www.ieat.go.th
【タイ】タイ工業団地公社(IEAT)はタイの民間企業と合弁で、ラオスと国境を接するタイ東北部ノンカイ県で工業団地を開発する。

 名称は「ノンカイ工業団地」。ノンカイ市中心部から17キロ、ウドンタニ空港から37キロに位置し、開発面積は約4・7平方キロ。今年着工、2020年完成を目指す。

 合弁相手のナカ・クリーン・パワー社はノンカイの有力者であるポンパン・スントンチャイ元下院議員(タクシン元首相派プアタイ党)の傘下企業。

 ノンカイはメコン川に面し、対岸がラオス。ラオスの首都ビエンチャンに近い。
《newsclip》

注目ニュース

日本、ミャンマー・ダウェー経済特区開発に参画 日タイ首脳会談newsclip

【タイ】安倍首相は9日、タイ軍事政権のプラユット首相と東京で首脳会談を行い、ミャンマーとタイが共同で開発に乗り出しているミャンマー南東部のダウェー経済特区プロジェクトに日本が参画する方針を伝えた。...

【タイ】投資政策の策定や投資案件の認可を担当するタイ投資委員会(BOI)は25日、プラユット首相を議長とする本会議を開き、5県に経済特別開発区を設置することを決めた。

【カンボジア】日立製作所は19日、カンボジアのプノンペン郊外のカンダール州で、新工業団地「プノンペンサウス経済特区」(仮称)の開発運営に向けた調査を開始すると発表した。

【ベトナム】国際協力銀行(JBIC)は25日、ユニカホールディングス(東京都千代田区)のベトナム法人ベトナム・ジャパン・テクノロジー・パークに対し、西武信用金庫と総額200・8万ドルの協調融資を行...

タイのアマタ、ベトナム南部に新工業団地newsclip

【ベトナム】タイの工業団地大手アマタはベトナム南部ホーチミン市郊外のドンナイ省ロンタインで工業団地を開発する。

【ミャンマー】三菱商事、丸紅、住友商事は19日、ミャンマーのティラワ経済特別区の先行開発エリア「クラス―A地区」の土地使用権(50年間プラス25年延長オプション付)の販売を開始したと発表した。面積3...

特集



新着PR情報