RSS

中国:不動産大手10社の経営環境悪化、地価上昇のなか販価下落

2015年2月17日(火) 13時00分(タイ時間)
【中国】中国不動産デベロッパーが苦戦を強いられている実態が明らかになった。

 各社の月次営業実績で販売動向を集計。大手10社(万科、恒大、保利、中海、緑地、万達、碧桂園、世茂、緑城、融創)の新築物件・販売額は、今年1月の合算で525億2000万人民元に縮小した。前月比で58.4%、前年同期比で5.0%ずつ減少したという。証券日報が16日付で伝えた。

 新築物件の販売面積も448万平米に低迷。前年同期比で0.3%拡大したものの、前月比では51.1%減少した。他方、1平米当たりの販売単価は下落。前月比で15.0%安、前年同期比で5.3%安の1万1727人民元(約22万3135円)に落ち込んだ。

 一方、これら大手10社の建築面積1平米当たり取得額は、今年1月に急伸。前月比で20.9%、前年同期比で87.7%ずつ高い4207人民元に達した。

 建設地の取得価格が高騰しているにもかかわらず、物件の販売価格が低迷している実態が浮き彫りとなっている。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】中国の不動産市場の低迷が続く中、不動産仲介業者を取り巻く環境が悪化してきた。

【中国】商品不動産(外販用不動産)の在庫が膨らみつつある。新規物件の投入が相次ぐ一方で販売が滞るなか、2014年12月末の在庫面積は、中国全体で6億2169万平米に拡大した。11月末比で2374万平米(4.0%)、13...

【中国】不動産仲介大手の中原地産公司に、年間の給与総額が740万人民元(約1億4200万円)に達する優秀営業員が在籍していることが分った。

【中国】経済の“ニューノーマル”への移行や不動産市場の低迷が続くなか、中国の銀行業に新たな収益源づくりと、内部管理体制の整備が求められている。



新着PR情報