RSS

鹿島、シンガポールの国立伝染病センター受注

2015年2月20日(金) 02時13分(タイ時間)
【シンガポール】鹿島は19日、シンガポールの国立伝染病センター新築工事を同国保健省から約550億円で受注したと発表した。

 市街中心地北側ノベナ地区にある国立総合病院タントクセン病院に隣接・接続する形で建設し、シンガポール政府の掲げる「ノベナ・ヘルスシティ構想」(ノベナ地区一帯の医療都市開発)の中核施設となる。伝染病センター棟(地上14階)、医療イノベーションセンター棟(地上9階)が4層の地下構造物上に設けられ、タントクセン病院と2本のリンクブリッジと2本のトンネルでつながる。

 入札には韓国企業や地元建設会社が参加した。鹿島はこれまでの安全・品質・施工などの実績による高い評価点に加え、杭工法、地上・地下構造の見直しによる低価格と工期短縮を両立した提案が評価され、受注した。
《newsclip》

注目ニュース

【シンガポール】鹿島は国立シンガポール経営大学の法学部棟新築工事を約120億円で受注し、今月着工した。

特集



新着PR情報