RSS

中国:米MSの旧ノキア工場閉鎖、北京と東莞で合計9000人解雇

2015年2月27日(金) 13時50分(タイ時間)
【中国】米マイクロソフト(MS)傘下に入った旧ノキア(NOKIA)の中国生産拠点が相次いで稼働停止した。

 北京と東莞の携帯端末工場を整理する。うち東莞工場に関しては、すでに今年1月に設備が搬出された。今年3月末までに両工場は正式に閉鎖される。合計9000人が解雇される見込みという。北京青年報が26日付で伝えた。

 人件費の高騰などを受けて、生産拠点としての中国沿海部の魅力が薄れたためとみられる。搬出された設備の一部は、ベトナム首都ハノイの現地工場に移設される予定だ。

 今回のリストラは、MSによる経営統合を受けたもの。MSは2014年4月、フィンランド通信機器大手ノキアの携帯端末関連事業を約72億米ドルで正式買収した。MSはグループ資源の再配分を実施し、2015年までに合計1万8000人を解雇する予定。うち1万2500人(約69%)はノキア籍の社員とする。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報