RSS

双日、カンボジア―タイ間陸路定期混載輸送開始

2015年3月1日(日) 23時07分(タイ時間)
【カンボジア、タイ】双日ロジスティクスはカンボジアとタイを陸路で結ぶ定期混載輸送サービスを3月から開始する。輸送日数は約5日。少量、多品種の貨物に対応し、海上輸送混載サービスと同等のコストを実現した。

 双日ロジスティクスは2011年に、ホーチミンシティ―プノンペン―バンコク間の大口貨物陸送サービスを開始した。小口貨物については、カンボジア―タイ間の税関手続きの煩雑さにより混載輸送が困難なため、プノンペン―バンコク間は海上輸送に頼っていた。今回、混載小口貨物を集約して陸路の税関手続きの効率化を実現し、混載輸送が可能となった。

 カンボジアは労働力不足と賃金高騰に悩むタイを補完する生産拠点として分業体制が整いつつある。プノンペン郊外のプノンペン経済特区には日系製造業が集積し、カンボジア―タイ間の少量多品種の小口貨物物流サービスに対する需要が拡大していた。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ、ミャンマー】上組(神戸市中央区)は27日、これまで海上輸送に頼っていたタイ・ミャンマー間の容大貨物輸送を陸上輸送に変更し、リードタイムの大幅な短縮と輸送コストの削減を実現したと発表した。

【ミャンマー】日本郵船は14日、ミャンマーで完成車の内陸輸送サービスを開始する。ミャンマーで完成車輸送用キャリアカーを保有・運行する総合物流企業シルバーバード・オート・ロジスティクスとの共同事業。

インドシナ東西回廊を行く タイからヤンゴンへ 山越えの悪路newsclip

【ミャンマー、タイ】頑なに閉ざしていた国境がついに開いた。タイからミャンマーへ陸路で入国し、そのまま旅行することが、外国人にも許可されたのだ。これを受けて昨年8月のオープン以来、国境経済は活性化し...

特集



新着PR情報