RSS

三菱地所、バンコクで大規模マンション タイ社と共同で5件目

2015年3月2日(月) 18時53分(タイ時間)
ライフ・アソーク地図の画像
ライフ・アソーク地図
提供、AP (THAILAND)
 の画像
 
写真提供、AP (THAILAND)
 の画像
 
写真提供、AP (THAILAND)
【タイ】三菱地所レジデンスはタイの不動産ディベロッパー、AP(タイランド)と共同で、バンコクの地下鉄ペチャブリ駅近くで大規模マンションを開発する。約68億バーツの売り上げを見込む。両社の共同プロジェクトは5件目。

 プロジェクト名は「ライフ・アソーク(仮称)」。敷地面積約1・1ヘクタール、地上34階、総戸数1609。部屋のタイプはスタジオ、1寝室、2寝室で、専有面積は24―54・5平方メートル。

 2015年6月に販売を開始し、2016年1月着工、2018年3月完工を見込む。

 三菱地所とAPは2013年12月からこれまでに、バンコク首都圏で4件、総戸数約3300戸のマンションプロジェクトに共同で取り組み、すでに2400戸以上を販売した。
《newsclip》

注目ニュース

シンガポールの大規模オフィスビル竣工、三菱地所が出資newsclip

【シンガポール】三菱地所は14日、シンガポールのビジネス中心地区ラッフルズプレイスに開発した大規模オフィスビル「キャピタグリーン」が竣工し、テナントの入居が始まったと発表した。

【マレーシア】三菱地所レジデンスはマレーシアの大手不動産ディベロッパー、IGBグループ傘下のプロジェクト会社の株式30%を取得し、クアラルンプールで総戸数400戸の分譲マンション「ストナー3」の開...

三菱地所とタイAP、BTSタラートプルー駅前にマンション開発newsclip

【タイ】タイの不動産ディベロッパー、AP(タイランド)は三菱地所と合弁で、バンコク高架電車BTSシーロム線タラートプルー駅前にマンションを開発する。

三菱地所、バンコクの3カ所でマンション開発newsclip

【タイ】三菱地所とタイ証券取引所(SET)上場の不動産ディベロッパー、AP(タイランド)は7日、タイに合弁会社を設立し、バンコクの3カ所でマンション計2074戸を開発すると発表した。9日から販売を...



新着PR情報