RSS

タイ北部、野焼き煙霧で大気汚染 一部で「健康に影響」レベル

2015年3月3日(火) 18時26分(タイ時間)
【タイ】タイ北部で野焼きによる煙霧が悪化している。

 3日午後4時時点で、大気中の直径10マイクロメートル以下の粒子状物質PM10の24時間平均値(基準値、1立方メートルあたり120マイクログラム)はメーホンソン県メーホンソン市で1立方メートルあたり242マイクログラム、ターク県メーソート市で173マイクログラム、チェンマイ県チェンマイ市で142ー172マイクログラム、パヤオ県パヤオ市で153マイクログラムなど、「健康に影響がある」とされる水準になっている。

 民間航空会社カンエアラインズは3日午前11時45分チェンマイ発メーホンソン行きの便を、メーホンソン空港の視界不良を理由に運休した。

 タイ保健省は2日、煙霧対策として、北部7県にマスク14万枚を配布すると発表した。
《newsclip》

注目ニュース

チェンマイ市で煙霧予防キャンペーンnewsclip

【タイ】タイ北部のチェンマイ市当局は今月15日から4月15日まで、大気中の粉塵を減らすキャンペーンを行う。

特集



新着PR情報