RSS

ニッパツ、カンボジアで自動車用シート縫製部品製造

2015年3月4日(水) 21時00分(タイ時間)
【カンボジア】日本発条(ニッパツ)は4月中に、自動車用シートの縫製部品を製造する新会社をカンボジアに設立する。

 新会社は「NHKスプリング(カンボジア)」。資本金1億2000万バーツ(約3億8400万円)で、タイ子会社の日本発条(泰国)が75%出資する。

 タイ東部国境に接するカンボジア西部ポイペトに工場を設け、2016年4月に生産を開始する予定。工場は敷地面積2万3520平方メートル、延床面積1万2000平方メートル。2020年度で売り上げ22億バーツを目指す。

 日本発条(泰国)は自動車用懸架ばね、シート、内装品、精密ばね、ハードディスクドライブ部品などを製造。従業員約6400人、2013年売上高約1200億円。
《newsclip》

注目ニュース

【カンボジア、タイ】双日ロジスティクスはカンボジアとタイを陸路で結ぶ定期混載輸送サービスを3月から開始する。輸送日数は約5日。少量、多品種の貨物に対応し、海上輸送混載サービスと同等のコストを実現した。

【カンボジア】デンソーは約1900万ドルを投じ、カンボジア子会社デンソー・カンボジアの既存工場があるプノンペン経済特別区に、マグネトー(二輪車用発電機)、オイルクーラーなどを生産する新工場を建設し...

【カンボジア】日立製作所は19日、カンボジアのプノンペン郊外のカンダール州で、新工業団地「プノンペンサウス経済特区」(仮称)の開発運営に向けた調査を開始すると発表した。

特集



新着PR情報