RSS

中国:北京で人手不足深刻、建設作業員は月給18.3万円

2015年3月5日(木) 11時44分(タイ時間)
【中国】春節(旧正月)連休が過ぎ、中国本土は今年度の人材募集シーズンを迎えている。

 なかでも北京市の人手不足は全国で最も深刻だという。北京などの大都市は家賃や物価の高騰など生活面のプレッシャーも大きいことから、地方からの出稼ぎ労働者が避ける傾向にあるためだ。とりわけ、出稼ぎ労働者が一斉に帰省する旧暦の年末年始にかけては深刻な人手不足に見舞われる。内陸中小都市の経済発展にともない、最近ではそのまま元の職場に戻らないケースも多いという。

 なかでもドライバー、建設、宅配、救命、メイク、チケット予約サービスといった業種で人手不足が顕在化しているという。うちドライバーの求職倍率はわずか0.22で推移している。ドライバーの人手不足が深刻な理由について、業界関係者は疲労度が高く、心理的プレッシャーも大きいこと、作業量の割には薄給な点などを挙げている。

 一方、供給不足の業種のうち、最も平均給与水準が高いのは建設作業員で、月額9621人民元(約18万3227円)となっている。同額は全国トップの上海市(5825人民元=約11万934円)など1線都市を上回っている。またホワイトカラーの平均も超えている。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報