RSS

タイ航空の出発遅延、警察幹部が嫌がらせ?

2015年3月6日(金) 01時08分(タイ時間)
【タイ】バンコク郊外のスワンナプーム空港で2月25日、タイ国際航空の数十便の出発が遅れた問題で、タイ警察は4日、原因を捜査するため、同空港を管轄する警察庁入国管理局第2管区司令官のスウィットポン警察少将を警察庁本部付に異動したことを明らかにした。

 この問題は、タイ国際航空の機長を名乗る人物がインターネットの掲示板に投稿し、注目を集めた。投稿によると、入管幹部が妻の見送りのため旅客機のドアまで行こうとして、タイ航空の職員に止められ、これに立腹して、離陸許可に関する入管の手続きを厳格化し、出発を遅らせたという。

 警察の報道官は、スウィットポン少将が見送ったのは妻ではなく、重要人物で、意図的に離陸を遅らせた事実もないと主張。入管とタイ航空の間に誤解があったという見方を示した。その上で、公正な捜査のため、スウィットポン少将をいったん職務から外すと説明した。
《newsclip》

注目ニュース

タイ軍がバンコクの違法賭場摘発、所轄警察署長ら左遷newsclip

【タイ】26日夜、タイ軍と警察の合同部隊がバンコク都内の違法賭博場3カ所を捜索し、店員、客ら35人を逮捕した。

スキャンダルのタイ警察、解任・異動相次ぐnewsclip

【タイ】犯罪への関与や汚職体質で批判を浴びているタイ警察で、幹部、中堅幹部の解任が相次いでいる。

タイ王室が与えた姓剥奪 警察高官らの不敬罪・収賄疑惑でnewsclip

【タイ】タイのワチラロンコン皇太子の事務局は11月28日、内務省に対し、王室が与えた姓「アカラポンプリチャー」をはく奪するよう指示した。

「振り向けば犯人はそこに」 タイ警察の腐敗疑惑newsclip

【タイ】ポンパット警察中将(前中央捜査局長)、コーウィット警察少将(前中央捜査局副局長)ら警官7人と民間人が逮捕された、不敬罪、収賄、権力乱用などをめぐる疑惑がさらに拡大する様相を見せている。



新着PR情報