RSS

格付け大手フィッチ、タイの格付け据え置き

2015年3月6日(金) 01時09分(タイ時間)
【タイ】英米系格付け会社フィッチ・レーティングスは5日、タイの外貨建て長期発行体デフォルト格付(IDR)と自国通貨建て長期IDRをそれぞれ「BBBプラス」と「Aマイナス」で据え置いた。格付アウトルックは「安定的」。

 高水準の対外純資産、健全な財政、強力なマクロ経済政策などを評価した。一方、2014年の国内総生産(GDP)が前年比0・7%増と低迷し、家計債務がGDP比85%に達したと指摘。2014年のクーデターによる軍事政権発足など、不安定な政治状況と社会の分裂に懸念を示した。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ国家経済社会開発委員会(NESDB)がまとめた2014年10―12月期のタイの国内総生産(GDP)は前年同期比2・3%増(7―9月期0・6%増)、前期比(季節調整済み)1・7%増だった。

【タイ】タイ中央銀行の月例経済報告によると、1月の工業生産指数(MPI)は前年同月比1・3%低下した。



新着PR情報