RSS

都市生活環境ランキング、バンコク117位

2015年3月8日(日) 16時24分(タイ時間)
【アジア】組織・人事マネジメントコンサルティング大手の米マーサーがまとめた2015年版の「世界生活環境調査・都市ランキング」で、世界で最も生活環境水準が高い都市にオーストリアのウイーンが前年に続き選ばれた。

 2位はスイスのチューリッヒ、3位はニュージーランドのオークランドだった。

 最下位の230位はイラクのバグダッド。

 アジアの都市ではシンガポールの26位が最高で、44位東京、47位神戸、48位横浜、58位大阪、70位香港、72位ソウル、83位台北、84位クアラルンプール、101位上海、117位バンコク、118位北京、132位コロンボ、136位マニラ、140位ジャカルタ、152位ムンバイ、154位ニューデリー――などだった。

 調査は政情、治安、経済、社会文化、教育、公共サービスなど39項目について、主に2014年9―11月にかけ実施した。
《newsclip》

注目ニュース

【アジア】組織・人事コンサルティング大手の米マーサーがまとめた2014年の「世界生計費調査」で、外国人駐在員にとって最も物価が高い都市はルアンダ(アンゴラ)だった。

【タイ】世界最大の旅行口コミ情報サイト、トリップアドバイザーがまとめた「旅行者による世界の都市調査」で、バンコクは「総合的な満足度」が対象の37都市中24位だった。

特集



新着PR情報