RSS

「記者殴りそう」 タイ軍政首相

2015年3月11日(水) 02時47分(タイ時間)
プラユット首相。パンチ発言が飛び出したセミナーで(6日)の画像
プラユット首相。パンチ発言が飛び出したセミナーで(6日)
写真提供、Royal Thai Government
プラユット首相。パンチ発言が飛び出したセミナーで(6日)の画像
プラユット首相。パンチ発言が飛び出したセミナーで(6日)
写真提供、Royal Thai Government
プラユット首相。パンチ発言が飛び出したセミナーで(6日)の画像
プラユット首相。パンチ発言が飛び出したセミナーで(6日)
写真提供、Royal Thai Government
プラユット首相。パンチ発言が飛び出したセミナーで(6日)の画像
プラユット首相。パンチ発言が飛び出したセミナーで(6日)
写真提供、Royal Thai Government
プラユット首相。パンチ発言が飛び出したセミナーで(6日)の画像
プラユット首相。パンチ発言が飛び出したセミナーで(6日)
写真提供、Royal Thai Government
プラユット首相。パンチ発言が飛び出したセミナーで(6日)の画像
プラユット首相。パンチ発言が飛び出したセミナーで(6日)
写真提供、Royal Thai Government
【タイ】タイ軍事政権のプラユット首相(前タイ陸軍司令官)が記者の質問に激怒して殴りそうになったというエピソードを話し、物議を醸している。

 パンチ発言が飛び出したのは6日にバンコクで行われたセミナー。演壇に立ったプラユット首相は「政府の成果は何ですか?と記者に聞かれ、聞いてきた人の顔を殴りそうになった。これだけ色々やってきたのに、見てないとはどういうことだ」とメディアに不満をぶつけた。

 この発言に対し、タイ・ジャーナリスト協会副会長で英字紙バンコクポスト記者のマーノップ氏は同日、「指導者として相応しくない発言だ」と述べ、批判。メディア関係者からは、「報道機関に対する直接的な脅しだ」という声が上がった。

 プラユット首相は陸軍司令官だった昨年5月、クーデターで政権を奪取した。以来、戒厳令を敷き、政治活動を禁止、報道統制を続けている。ぶっきらぼうな語り口と短気で知られ、記者会見の最中に怒り出し、机を叩いたり、言葉を荒らげることもしばしばだ。ただ、率直で裏表がないというイメージと、タイ人独特のユーモアで、国民の間で一定の人気を保っている。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ軍事政権のプラユット首相は3月14―18日に仙台で開かれる第3回国連防災世界会議に出席するため、13―14日に日本を訪問する。

運河を舟で托鉢、タイ首相が喜捨 王女誕生日祝賀でnewsclip

【タイ】25日朝、タイ国王の次女のシリントン王女が4月2日に60歳の誕生日を迎えることを祝賀する式典がバンコクのタイ首相府裏のパドゥンクルンカセーム運河で開かれ、プラユット首相、スクムパン・バンコ...

前首相を刑事訴追、2兆円損害賠償も タイ軍政がタクシン一族圧迫 newsclip

【タイ】タイ軍事政権がタクシン・チナワット元首相一族に対する圧力を強めている。元首相の妹のインラク・チナワット前首相は汚職裁判で実刑判決を受ける恐れがあり、タクシン元首相と同様に、国外亡命を迫られ...

【タイ】タイ軍事政権のドン副外相(元駐米大使、元国連大使)は28日、パトリック・マーフィー駐タイ米国代理大使をタイ外務省に呼び、26日に訪タイしたダニエル・ラッセル米国務次官補(東アジア・太平洋担...



新着PR情報