RSS

中国:渤海湾で魚類資源が激減、漁獲量は最盛期の1割未満に

2015年3月12日(木) 12時39分(タイ時間)
【中国】渤海湾で魚類資源が枯渇しつつある。

 赤潮などが頻発するなか、大型魚類はほぼ姿を消し、小型魚類の資源量も大きく減少した。魚類の漁獲量は、足元で年間1000~3000トンに縮小。最盛期の3万トンと比較して、10分の1以下に減少した。海洋汚染の進行で生態バランスが崩れたためという。中国民主促進会・中央委員会の張妹芝委員(兼全国政治協商会議委員)が10日、両会(全国人民代表大会、中国人民政治協商会議)で発言した。

 渤海湾の沿岸には、河川57本の水が注ぎ込んでいる。これらから毎年、汚水28億トン、汚染物質70万トンが流入。自然の浄化能力を上回って汚染が蓄積された結果、海底には砂漠が広がり、海水生物が見られなくなる高汚染エリアも見られるようになったという。

 各都市が連携する形で、統一された管理基準を設けるべきと提案。渤海湾一帯を網羅した汚染防止条例を速やかに策定するよう訴えた。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

ティラピアなど3000匹捕獲 バンコクの廃墟ビルで「漁」newsclip

【タイ】バンコクの廃墟ビルの地階に溜まった水の中で「漁」が行われ、ティラピア、カイヤンなど魚約3000匹が捕獲された。

【タイ】23日午後2時ごろ、タイ東部ラヨン県沖約7キロの海上で、タンクにつかまり漂流していたミャンマー人の男性2人(26、20)がタイ海軍の艦艇に救助された。

人身売買、奴隷労働 英紙のタイ漁業報道が波紋newsclip

【タイ】英紙ガーディアンが今月10日、タイの漁船に売られたミャンマー人、カンボジア人らが奴隷労働を強いられていると報じ、関与を指摘されたタイの食品大手が釈明に追われた。

【中国】農業部の長江流域漁業資源管理委員会・事務室はこのほど、2013年版の長江上流科学考査報告を発表したうえで、「長江上流の漁業資源は著しく衰退している」と警告した。



新着PR情報