RSS

【PR】【発売開始!】ミャンマー・カンボジア・ラオス 消費者の暮らし調査結果リポート2015

2015年3月12日(木) 23時00分(タイ時間)
  東南アジアにおける日本企業の新たな事業展開先として各方面から熱い注目を集めるミャンマー・カンボジア・ラオス。

 その中心都市に暮らす消費者のリアルな姿を、多数の写真を交えてわかりやすく紹介したリポートです。

 2014年に実施した家庭訪問調査(ラオスを除く)と定量調査の結果を中心に、現地の消費者の暮らしぶりを詳しく解説しました。

 新興メコン地域への進出を検討なさる際は、この「新しい消費市場の胎動 ミャンマー・カンボジア・ラオス 消費者の暮らし調査結果リポート2015」をぜひご活用ください。

~ポイント1:定量調査で新興メコン3カ国の消費者動向を把握!~
  各国最大の都市であるヤンゴン・プノンペン・ビエンチャンで定量調査を実施。富裕者層・中所得者層だけでなく、低所得者層にもインタビューしており、消費マーケットのボリュームが把握できます。測定項目は耐久消費財の保有状況やサービスの利用状況、今後の購入・利用意向、お金の使い方、余暇の過ごし方、家庭内における電気・水道の整備状況、生活満足度など多岐に渡り、現地の最新の消費者動向がわかります。

~ポイント2:現地市民のリアルな暮らしぶりを紹介!~
  実際の暮らしぶりを直接確認する家庭訪問調査(Home Visit)と全体の傾向を把握するための定量調査という2本立ての調査結果に基づいて、日経リサーチのリサーチャーが現地の市民生活の実態を詳しく紹介、報告しています。中でも、日々目まぐるしい変化を続けているミャンマーは経済制裁解除直後の2012年から継続して追跡調査を実施しており、消費者の暮らしだけでなく、意識の変化もわかる内容になっています。

~ポイント3:写真や調査結果などデータはすべてご提供!~
  冊子に掲載した写真や現地で撮影した動画、定量調査のエクセル集計表はすべて付属のDVDに収録しています。自由にご活用ください。


第1章
 生活者の「今」を知るためには
 ミャンマー・カンボジア・ラオスの
 暮らしぶりを実感できる調査設計とは

第2章
 新興メコン3ヶ国進出の利点と留意点、
 市場や事業の将来性は?

第3章
 ミャンマーの暮らしと変化
 どんな暮らしをしているか?
Respondent 1~ 3
 どんな変化があったのか?
電力・水事情
食事情
家電製品や車
買い物事情
情報源
携帯電話・インターネット利用状況
働き方
お金の使い方
日本との距離感

第4章
 カンボジアの暮らし
 どんな暮らしをしているか?
Respondent 1~ 2

 どんな毎日をすごしているのか?
電力・水事情
食事情
家電製品や車
買い物事情
携帯電話・インターネット利用状況
サービス利用実態と余暇の過ごし方
お金の使い方
日本との距離感

第5章
 ラオスの暮らし
 どんな暮らしをしているか?
 どんな変化があったのか?
電力・水事情
食事情
家電製品や車
情報源
働き方
お金の使い方
日本との距離感

第6章
 新興メコン3カ国 消費市場の今後のポテンシャルとは?

 Appendixデータ集
1.定量調査結果(・グラフ集・集計表)
2.本リポート使用画像
3.現地撮影動画

---------------------------------------------------------------------------------------------------
【発刊元】 日経リサーチ
【体裁・価格】 A4判・86頁 タイ国内:Bht.8,500/タイ国外:US$250
【販売代理店】コム・バンコク(ハロータイランド/タイ工場年鑑)
  Tel:0-2237-4689 Fax:0-2237-7079
  担当:松野、 Wuttichai
【詳細・お申込書】 http://www.hellothai.com/joho/CLM.htm
---------------------------------------------------------------------------------------------------
《newsclip》

特集



新着PR情報