RSS

男性器に似た枯れ木出土、当選番号求め宝くじファン殺到 タイ南部

2015年3月17日(火) 13時28分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、Charoensak Wongsuwon
 の画像
 
写真提供、Charoensak Wongsuwon
 の画像
 
写真提供、Charoensak Wongsuwon
 の画像
 
写真提供、Charoensak Wongsuwon
【タイ】タイ南部スラタニ県の畑で、形が男性器に似た枯れ木の幹がみつかり、この木から宝くじの当選番号のヒントを得ようと、地元住民らが連日押しかける騒ぎとなっている。

 木は高さ1メートル、直径30センチほどで、垂直にきつ立。地下に埋もれていたが、ショベルカーで水路を掘る作業中に発見された。住民らはこの木に水をかけなでまわしたり、夜間にろうそくで表面を調べるなどし、宝くじの当選番号のヒントが隠されていないか、探索を続けている。現場には数人の宝くじ売りも現れ、売れ行きは好調だという。

 タイ人は賭博好きで知られ、お化けなどの存在を信じる人も多い。宝くじを買う際には異常現象に注目することが多く、例えば、5本足のカメがみつかれば、その亀の甲羅のひび割れの本数から宝くじの当選番号を占うといった方法に人気がある。
《newsclip》

注目ニュース

第2次大戦のボートに当選番号のカギ? タイの宝くじファン、謎に挑むnewsclip

【タイ】タイ北部ウタラディット県を流れるナーン川の川底から、第2次世界大戦時のものとみられる金属製のボートが計8隻みつかり、9月末までに、県内の寺の境内に運ばれた。

【タイ】タイのテレビ報道によると、16日に当選番号が発表されたタイの公営宝くじで、東部チョンブリ県の仏教寺院の僧侶2人がそれぞれ3800万バーツ(約1億2000万円)と600万バーツを当てたことが...

【タイ】15日、タイ東北部ブリラム県の村で、タイ人女性(52)が市場で購入したタイ風ソーセージの中から子ネコの死体が出る騒ぎがあった。子ネコは1匹まるごと腸詰された状態で、女性はかじりついた際に異...

【タイ】27日、東部チョンブリ県シラチャーの仏教寺院の住職の依頼を受けた弁護士がバンコクのタイ警察犯罪制圧課を訪れ、住職が公営宝くじで得た多額の金をめぐり、嫌がらせや脅迫を受けていると訴えでた。



新着PR情報