RSS

大気社、ミャンマーで家具・内装設備事業

2015年3月19日(木) 13時17分(タイ時間)
【ミャンマー】大気社(東京都新宿区)は家具や内装設備の設計・施工、組み立て、メンテナンス、看板制作を手がける孫会社をミャンマー最大の都市ヤンゴンに設立し、5月に営業を始める。

 新会社は「TOKENミャンマー」。資本金20万ドルで、タイ子会社の大気社タイランドが50%、TOKENタイランドが40%、家具・建具メーカーのヨコヤマ(東京都世田谷区)が5%出資。

 日系ゼネコン、日系設備会社、日系家具会社などを顧客に、2018年3月期で年商(受注高・完成工事高)2億円程度、従業員20人程度を目指す。

 大気社は2014年にミャンマーに子会社の大気社ミャンマーを設立し、空調設備、電気設備、衛生設備、塗装設備の設計・施工などの事業を行っている。
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】大気社は19日、ミャンマーに99・9%出資の子会社「タイキシャ・ミャンマー」(資本金50万ドル)を設立し、3月に営業を開始すると発表した。



新着PR情報