RSS

損保ジャパン日本興亜、アジアでクラウド型の自動車事故防止支援サービス

2015年3月19日(木) 13時17分(タイ時間)
【アジア】損保ジャパン日本興亜リスクマネジメントはクラウド型の自動車事故防止支援サービスを開発し、アジアの現地企業、一般の自動車運転者向けに、3月20日から、日本語、英語、中国語、タイ語で提供する。

 アンケート式運転適性診断(日本語、英語、中国語、タイ語)と、運転操作検査器(ハンドル、ペダル)を使った機械式運転適性診断(日本語、英語)を、損保ジャパン日本興亜グループの海外現地法人を通じ、提供する。費用は当面無料。今後、コンテンツの追加、多言語化を推進する。
《newsclip》

注目ニュース

【マレーシア】ヤマト運輸は20日、マレーシアの民間自動車教習所大手メトロ・ドライビング・アカデミーと提携すると発表した。

【タイ】損害保険ジャパンと日本興亜損害保険は3日、日本で提供している無料の自動車運転者向けスマートフォン用アプリ「セーフティサイト」のタイでの提供をタイ法人の損保ジャパン日本興亜タイランドを通じ開...

特集



新着PR情報