RSS

日通、アマタベトナム工業団地に多機能倉庫

2015年3月19日(木) 19時32分(タイ時間)
【ベトナム】日本通運は2月6日、ホーチミン市郊外のアマタベトナム工業団地に多機能倉庫「アマタ・ロジスティクス・センター」を開設した。

 敷地面積2万7775平方メートル、倉庫面積1万2475平方メートル。一般貨物から食品など幅広い貨物を取り扱うことができるよう、1万6600枚のパレットが収納可能な6段積ラックシステムを導入し、冷蔵・冷凍・定温の温度管理機能を備える。ホーチミン市中心部から北東へ約30キロ、ホーチミン市とハノイ市を結ぶ国道1号線沿いにあり、ベトナム最大の港と空港であるカイペップ・チーバイ港とタンソンニャット空港へのアクセスも良好。

 アマタ・ロジスティクス・センターの開設で、ベトナム国内の日通グループの倉庫拠点は9カ所、保有倉庫面積は4万7414平方メートルとなった。
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】日本通運はミャンマー最大の都市ヤンゴンに現地法人「ミャンマー日本通運(ミャンマー日通)」を設立し、2015年1月に営業を始める。

【ミャンマー、マレーシア】日通商事はマレーシアのジョホールバルとミャンマーのヤンゴンに100%出資子会社を設立した。

【タイ】日通は14日、タイ東部プラジンブリ県カビンブリ郡のハイテックカビン工業団地に倉庫、コンテナヤードを併設した物流拠点「カビンブリロジスティクスセンター」を開設したと発表した。

【ベトナム】日本通運はベトナムに重機建設専業会社「ベトナム日通エンジニアリング」を設立し、4月1日に営業を開始した。

特集



新着PR情報