RSS

タイ軍政、付加価値税率引き上げ断念

2015年3月23日(月) 19時11分(タイ時間)
【タイ】タイ軍事政権で経済政策を担当するプリディヤトン副首相(元タイ中央銀行総裁)は20日、年内に付加価値税(VAT)の税率を引き上げる考えがないことを明らかにした。

 VATの税率は景気刺激のための時限措置として、1999年4月に10%から7%に引き下げられた。その後、毎年1年ずつ延長され、今年9月末で期限が切れる。軍政は昨年5月の政権発足後、VATの税率を10%に戻す方針を示唆してきた。しかし、2014年の国内総生産(GDP)が前年比0・7%増にとどまるなど、景気低迷が続いていることから、引き上げを断念した。
《newsclip》

注目ニュース

タイ軍政、土地家屋税の事実上導入見送りnewsclip

【タイ】タイ軍事政権のプラユット首相は12日、土地家屋税の事実上の導入を見送るよう指示した。景気が低迷している現状を考慮し、中長期的により相応しい税制を検討するとしている。

【タイ】国際スピード郵便(EMS)で日本からタイに送った荷物にタイで1万2000バーツの税金がかけられ、タイのメディアで取り上げられた。

【タイ】タイ軍事政権は2日、法人税、個人所得税、付加価値税(VAT)の税率を現行の水準で据え置くことを決めた。

特集



新着PR情報