RSS

住友商事と上組、ミャンマー・ティラワ経済特区に物流会社

2015年3月23日(月) 19時12分(タイ時間)
【ミャンマー】住友商事は23日、ヤンゴン郊外のティラワ経済特別区の先行開発エリア、ゾーンAに総合物流事業会社を設立すると発表した。ティラワ経済特区ゾーンAに物流事業会社が進出するのは初めて。

 新会社は「ティラワ・グローバル・ロジスティクス」。資本金10億円で、住友商事が72%、上組が28%出資。投資額は14億円を見込む。4・75ヘクタールの土地に物流センターを設置する予定。第1期倉庫面積は0・5ヘクタール。
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】住友商事は6日、ミャンマー最大の都市ヤンゴンと同市郊外のティラワ経済特別区に電力を供給するティラワガスタービン火力発電所の建設を、同国の電力公社ミャンマー・エレクトリック・パワー・エ...

【ミャンマー】王子グループは段ボール箱の製造販売と紙パルプ、フィルム、その他包装資材の輸入加工販売を手がける100%出資子会社を2月をめどにミャンマーに設立する。

【ミャンマー】フォスター電機(東京都昭島市)は30日、ミャンマー最大の都市ヤンゴン近郊のティラワ経済特別区に、車載用を中心とするスピーカー、ヘッドホンを製造する子会社を設立し、2015年12月に量...

【ミャンマー】三菱商事、丸紅、住友商事は19日、ミャンマーのティラワ経済特別区の先行開発エリア「クラス―A地区」の土地使用権(50年間プラス25年延長オプション付)の販売を開始したと発表した。面積3...

特集



新着PR情報