RSS

旭硝子、ベトナムでPVC生産能力1・5倍に

2015年3月26日(木) 21時35分(タイ時間)
【ベトナム】旭硝子は2014年に買収したベトナムの塩化ビニール樹脂(PVC)メーカー、フーミー・プラスチック・アンド・ケミカルズ(PMPC)の設備能力を増強し、2016年初頭をめどに、年産能力を現在の1・5倍の15万トンに拡大する。

 設備増強後、現在生産能力を増強中のインドネシア子会社アサヒマス・ケミカルからPVCの原料である塩化ビニールモノマー(VCM)の供給を受ける。

 ベトナムとインドネシアでの設備増強で、旭硝子グループの東南アジアでのPVC年産能力は約70万トンになる。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】旭硝子はタイ子会社AGCフラットガラス・タイランドのタイ東部ラヨン工場に、主にノート型パソコンなどのタッチパネル用カバーガラスに使用される薄板ソーダライムガラス専用生産設備を新設する。供給...

【ベトナム】旭硝子は6日、ベトナムの塩化ビニール樹脂(PVC)メーカー、フーミー・プラスチック・アンド・ケミカルズ(PMPC)を買収すると発表した。

特集



新着PR情報