RSS

タイ航空会社の日本への新規就航・増便が差し止めに タイ正月控え観光に打撃

2015年3月29日(日) 01時57分(タイ時間)
タイ航空会社の日本への新規就航・増便が差し止めに タイ正月控え観光に打撃の画像
タイ航空会社の日本への新規就航・増便が差し止めに タイ正月控え観光に打撃
【タイ】タイ運輸省民間航空局は3月26日、国際民間航空機関(ICAO)がタイを航空機の運航に関し「重大な安全上の懸念(SSC)」がある国に指定し、これを受け、日本の国土交通省がタイから日本への就航、増便を差し止めると通達してきたことを明らかにした。

 民間航空局によると、日本の決定により、▼5月就航を予定していた格安航空タイ・エアアジアXのバンコク―札幌線▼4月中旬のタイ正月(水かけ祭り)期間中に予定されていたタイ・シンガポール合弁の格安航空ノックスクートのチャーター便▼エイチ・アイ・エス(HIS)がタイに設立したチャーター便専門の航空会社アジアアトランティックエアラインのタイ正月期間のチャーター便――が運航できなくなる。タイ・エアアジアXは札幌便の販売を始めており、便の振替などで混乱が生じる恐れがある。

 「SSC」はICAOの安全監査の基準に満たない国・地域を指定するもの。タイでは3月上旬から、「SSC」指定を受ける可能性に関する報道が流れたが、タイ当局はその都度、「交渉済みで問題はない」と否定していた。

 日本を訪れるタイ人旅行者は過去数年急増し、昨年は前年比45%増、65万7600人と、国・地域別で米国に次ぐ6位だった。今年1、2月も44%増、8万8800人と順調に伸び、特に北海道の人気が高まっていた。

 プラジン運輸相はタイのメディアの取材を受け、「タイ正月連休に合わせて航空会社各社が増便していたこの時期になぜ」と、あからさまに不満を示した。

 民間航空局による発表を受けた26日午後4時、ゴールデンウィークに合わせた日本への帰省でバンコク―札幌便を予約していたニュースクリップ記者がタイ・エアアジアXのコールセンターに問い合わせたところ、対応したスタッフから「確認したがそのような情報はない」との返答を受けた。民間航空局からのプレスリリースの内容を読んで説明したところ、同スタッフは再び電話口を離れ、「やはり確認できないが、事実であっても振り替え便など責任をもって対応する」と返事をするにとどまった。その後の同社PR部門から「週明けには良い報告が出来るよう努力する」というメールを受信。具体的な対応は週明けになるとみられる。
《newsclip》

注目ニュース

エアアジア、5月から札幌―バンコク直行便newsclip

【タイ】マレーシアの格安航空大手エアアジア傘下でタイを起点に中長距離路線を運航するタイ・エアアジアXは5月1日から、バンコク(ドンムアン空港)―札幌線を毎日1往復運航する。

格安航空タイ・エアアジア、14年83%減益newsclip

【タイ】マレーシアの格安航空大手エアアジアのタイ法人タイ・エアアジアは2014年の売上高が前年比8%増の253億5550万バーツ、最終利益が83%減の3億3530万バーツだった。

【タイ】タイ国際航空系の格安航空ノックエアとシンガポール航空傘下の格安航空スクートのタイ合弁会社ノックスクートは年内のバンコク(ドンムアン空港)―日本路線就航を目指している。日本の乗り入れ先は明らか...

特集



新着PR情報