RSS

豊田通商、カンボジア西部国境に工業団地 タイプラスワンに対応

2015年4月1日(水) 01時58分(タイ時間)
【カンボジア、タイ】豊田通商はタイ国境のカンボジア西部バンテイメンチェイ州ポイペト市にタイの日系自動車部品メーカーを対象とする工業団地を開発する。

 名称は「テクノパーク・ポイペト」。タイの日系自動車部品メーカーの間で、製造工程の一部をカンボジア、ラオス、ミャンマーなどに移管し、地域全体でサプライチェーンを構築、最適化させる取り組みが進んでいることを受けたもので、第1期開発では2ヘクタールの土地に建屋1棟を建設し、2015年末に操業を開始する。投資額は約5億円。将来的には第2期、第3期開発で、土地面積約6ヘクタール、建屋4棟に拡張し、2020年で入居企業10社以上を目指す。

 「テクノパーク・ポイペト」では、▼1000平方メートル単位の工場レンタル▼従業員向け給食サービス▼総務、経理、財務、人事といった管理業務サービス――を提供。自動車部品製造の前後工程の一部を請け負う「加工請負」、現地の農業従事者を製造業の人材として教育、派遣する「人材派遣」も行う。顧客がモノづくりに専念できる環境を整備し、企業の進出コスト・リスクを軽減する。
《newsclip》

注目ニュース

【マレーシア】豊田通商は27日、同社が49%、航空機部品製造を手がける旭金属工業が51%出資し、航空機部品の表面処理加工を行う合弁会社「アサヒ・エアロ・マレーシア」(資本金約6億円)をマレーシアに...

【カンボジア】豊田通商は25日、自動車、自動二輪、農業機械、建設機械などの購入にファイナンスリースを提供する販売金融会社をカンボジアに設立すると発表した。5年後で融資残高約70億円を目指す。

【ラオス】ジャルックスと豊田通商は3月20日付で、ラオスの首都ビエンチャンのワッタイ国際空港の国際線ターミナル運営契約の5年間延長についてラオス公共事業・運輸省と合意した。

【タイ】J―オイルミルズ(東京都中央区)と豊田通商タイランドは高付加価値でん粉の販売・商品開発、油脂製品販売を手がける合弁会社を5月にタイに設立する。

【マレーシア、タイ】豊田通商は26日、自動車用アフター部品と産業資材の大手卸売り会社であるマレーシアのボルネオ・テクニカル(マレーシア)とタイのボルネオ・テクニカル(タイランド)の全株式を取得した...

【タイ】豊田通商はトラックの運転技能研修、交通安全教育などを行う施設「TTK交通安全教育センター(TPRO)」を昨年1月、タイ東部チャチェンサオ県に開設し、今月28日、開所式を行った。 TPROは4...

特集