RSS

14年の訪日タイ人旅行消費67%増、960億円 観光庁調べ

2015年4月6日(月) 23時31分(タイ時間)
【アジア】日本の観光庁がまとめた訪日外国人消費動向調査で、2014年の訪日外国人の旅行消費額(推計)は前年比43・1%増の2兆278億円、訪日外国人1人当たりの旅行支出(推計)は同10・6%増の15万1174円で、いずれも過去最高だった。

 旅行消費額の1位は中国で、前年比102・4%増の5583億円と、全体の27・5%を占めた。タイは66・8%増、960億円で6位だった。

 1人当たりの旅行支出はベトナムが1位で、23万7688円に上った。2位は中国で23万1753円で、買い物代が12万7443円と飛び抜けて多かった。東南アジア諸国はシンガポール15万5792円、タイ14万6029円、マレーシア14万5466円、インドネシア11万9884円、フィリピン10万5284円だった。
《newsclip》

注目ニュース

【アジア】日本政府観光局(JNTO)によると、2月に日本を訪れた外国人(推計値)は前年同月比57・6%増の138万7000人で、単月で過去最高を記録した。

【タイ】リクルートライフスタイルが訪日外国人数1―6位の国・地域(台湾、韓国、中国、香港、米国、タイ)の訪日観光経験者を対象に実施した日本観光の「食」に関するアンケート調査で、実際に食べておいしかっ...

特集