RSS

マレーシア・サバ州沖で原油発見 JX日鉱日石開発など

2015年4月8日(水) 02時18分(タイ時間)
【マレーシア】JX日鉱日石開発は7日、同社が75・4%出資するJX日鉱日石サバ深海石油開発がオペレーター(操業管理会社)として探鉱を行っているマレーシア・サバ州沖深海R鉱区で複数の油層を確認したと発表した。

 油層の厚さは合計約70メートル。今後、詳細な評価作業を行い、埋蔵量を確認する。

 深海R鉱区は水深100―1400メートル、面積約672平方キロで、周辺で複数の大規模油田が発見されている。権益比率はJX日鉱日石サバ深海石油開発27・5%、国際石油開発帝石子会社のインペックス南西サバ沖石油27・5%、マレーシア国営ペトロナスチャリガリ25%、サントス・サバ・ブロックR20%。
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】三井石油開発は6日、ミャンマーの海上鉱区公開入札で、同社と英オランダ系石油メジャーのロイヤル・ダッチ・シェルがアンダマン海の3鉱区の権益を取得したと発表した。

【中国】中国石油天然気(ペトロチャイナ:857/HK)傘下の中国石油新疆油田公司がこのほど、新疆ウイグル自治区で大型油田を発見した。

【マレーシア】JX日鉱日石開発は12日、マレーシアの全額出資子会社JXニッポン・オイル&ガス・エクスプロレーション(オフショア・マレーシア)が同国サラワク州沖の深海3F鉱区の権益40%をマレーシア...



新着PR情報