RSS

川崎汽船、中国~海峡地サービスを開始

2015年4月9日(木) 13時36分(タイ時間)
【中国、東南アジア】川崎汽船(9107/東証)は7日、新たな中国~海峡地サービスを今月27日から開始すると発表した。

 2500TEU型4隻を投入し、航海頻度は週1便とする。寄港地は青島~上海~寧波~レムチャバン(タイ)~シンガポール~ポートケラン(マレーシア)~レムチャバン~ホーチミン(ベトナム)~廈門~青島。南航が2015年4月27日に青島入港、北航が同5月3日にシンガポール入港をそれぞれ予定する。

 同社は今年1月12日付で、シンガポール~バングラデシュ間で、週3便の頻度でシャトルサービスを始めている。成長を続ける東南アジアを中心としたフィーダサービスを構築。充実したネットワークと安定したスケジュールで多様化する顧客の輸送需要に対応する構えだ。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

川崎汽船のタイ法人、設立50年で式典newsclip

【タイ】川崎汽船のタイのグループ会社Kライン・タイランドは1日、バンコク都内のホテルで設立50周年記念式典を開催し、タイのアピシット元首相、佐藤重和駐タイ大使ら約700人が出席した。

特集