RSS

タイ南部のバイオマス発電所で火災

2015年4月9日(木) 15時05分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、8日未明、タイ南部クラビ県のバイオマス発電所(出力12メガワット)で火災が発生し、従業員2人が負傷、倉庫が全焼した。

 火事があったのはサラフ・エナジー社の発電所。午前4時ごろ、倉庫に積んであった燃料のヤシ殻から火の手が上がり、消防10台が出動し、約4時間後に鎮火した。
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】東芝は3月30日、ミャンマー電力庁がマンダレー市北東に建設する予定のアッパーイェワ水力発電所(出力308メガワット)向けに、77メガワットの水車と水車発電機4ユニットを受注したと発表...

タイ北部の褐炭焚き火力発電所、仏アルストムと丸紅が1200億円超で受注newsclip

【タイ】タイ発電公社(EGAT)はタイ北部ラムパン県メーモ郡のメーモ褐炭焚き火力発電所4―7号機の建て替えをフランスのアルストムと丸紅に発注し、9日、契約に調印した。総事業費353億バーツ。

【ミャンマー】住友商事は6日、ミャンマー最大の都市ヤンゴンと同市郊外のティラワ経済特別区に電力を供給するティラワガスタービン火力発電所の建設を、同国の電力公社ミャンマー・エレクトリック・パワー・エ...

【ベトナム】横河電機(東京都武蔵野市)は7日、ベトナム電力公社(EVN)がベトナム北部のタイビン省に建設するタイビン石炭火力発電所向けの制御システムを東芝プラントシステムから受注したと発表した。

【タイ】11日午後2時10分ごろ、タイ南部ナコンシータマラート県のカノム火力発電所で、3号機のタービンを停止して点検作業を行っていた際に爆発が起き、作業員2人(38、40)が死亡、2人がけがをした。

【タイ】電源開発(Jパワー)は1日、同社が90%出資するタイの発電事業会社ガルフJP・NSが開発運営するタイ中部サラブリ県ノンセンのノンセンガス火力発電所2号系列(出力800メガワット)が同日営業...

【ベトナム】住友商事は26日、ベトナム国営電力会社ベトナム・エレクリシティが同国南部チャビン省ズエンハイ地区で計画している超臨界発電所「ズエンハイ3拡張石炭火力発電所」(発電容量688メガワット)...

【ミャンマー、タイ】丸紅は10日、ミャンマーで環境負荷が低くエネルギー効率が高い石炭火力発電事業の検討を始めることでミャンマー電力省と合意したと発表した。



新着PR情報