RSS

飼い犬射殺し自殺か バンコク郊外の金物店店主

2015年4月16日(木) 21時35分(タイ時間)
【タイ】16日朝、バンコク郊外ノンタブリ市の金物店兼住居の事務所で、店主で一人暮らしのタイ人男性(47)と飼い犬が銃で撃たれ死亡しているのがみつかった。

 男性はイスに座った状態で、頭に1発被弾し、右足の近くに拳銃が落ちていた。イヌは頭部を撃たれ、男性の約2メートル前の床の上に横たわっていた。

 現場で男性が両親に宛てた遺書とみられる手紙がみつかり、室内に争った形跡はなかった。

 警察は男性が飼い犬を射殺した後、拳銃自殺したとみて、詳しい状況を調べている。
《newsclip》

注目ニュース

イヌ肉販売の女逮捕 タイ東北部ナコンパノムnewsclip

【タイ】タイ当局は10日、東北部ナコンパノム県の民家を捜索し、約10頭分のイヌの肉を押収、住人のタイ人女(45)を無許可の食肉加工販売の疑いで逮捕した。

【中国】広西チワン族自治区玉林市で毎年6月21日の夏至に開催される「ライチと狗(イヌ)肉祭」をめぐって、「イヌ肉を食うべきか食わざるべきか」の論争が、インターネット上で白熱している。

【中国】広西チワン族自治区玉林市のレストランのメニューから近ごろ“狗”(イヌ)の文字が消えた。



新着PR情報