RSS

中国:尿に1種類以上の抗生物質、児童の6割弱から成分検出

2015年4月19日(日) 15時20分(タイ時間)
【中国】抗生物質の乱用が問題視される中国で、6割弱の児童の尿から、1種類以上の抗生物質が検出されていることが分かった。

 復旦大学の研究グループが、上海市、江蘇省、浙江省に住む8~11歳の児童1000人超を対象に行った結果により明らかになっている。中国新聞網が13日付で伝えている。

 「早朝尿」のサンプル収集と、「液体クロマトグラフィー・タンデム質量分析法」による尿の成分分析を実施。同研究の詳細が、先ごろ学術雑誌「環境科学と技術」に掲載された。

 これによると、1000を超える児童の尿サンプルから、計5系統18種類の抗生物質が検出されたという。その中身は、マクロライド系が5種類、βーラクタム系が2種類、テトラサイクリン系が3種類、ニューキノロン系が4種類、スルホンアミド系が4種類。これらの抗生物質のうち1種類以上が検出された児童の割合は、58.3%に上っている。2種類以上が検出された児童の割合は26.7%。最も多いケースでは、児童1人から4系統6種類の抗生物質が検出された。また、尿中の抗生物質濃度は、0.1~20ナノグラムが全体の47.8%を占めた。しかし、一部には1000ナノグラムを超える尿サンプルもあったという。

 研究グループの代表者は、「医師による乱用だけではなく、環境や食品中に含まれる抗生物質濃度の高さが、児童の尿サンプルから多数の抗生物質成分が検出される要因だ。抗生物質の過剰摂取は、多剤耐性菌の増殖につながり、医療現場へ脅威をもたらす」と警告している。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報