RSS

前タイ特捜局長、不正蓄財容疑で資産凍結

2015年4月20日(月) 16時09分(タイ時間)
【タイ】タイ汚職防止撲滅委員会(NACC)は19日、法務省特別犯罪捜査局(DSI)のタリット前局長とその妻の資産を凍結したと発表した。不正な手段で「通常ではありえない富」を蓄積した容疑があることが理由。

 凍結した資産は約4000万バーツで、預金、証券、不動産など。3月16日時点で凍結していたが、発表が遅れていた。

 凍結について、タリット氏は、資産は2009年から5年で300万バーツしか増えていないとして、容疑を否定。裁判で争う構えだ。

 タリット氏は、タクシン元首相派と対立する民主党のアピシット政権下でDSI局長に就任したが、タクシン派のインラク政権が2011年8月に発足した後は同派寄りに転じたとされる。昨年5月のクーデター後に更迭された。
《newsclip》

注目ニュース

タイの将軍は億万長者ぞろい 議員資産公開で公にnewsclip

【タイ】タイ軍事政権が設置した暫定国会(定数220)の議員の資産公開が10月上旬に始まり、議席の過半数を占める軍・警察関係者の金満ぶりが話題となっている。



新着PR情報