RSS

タイ各地で気温上昇、熱中症の死者相次ぐ

2015年4月22日(水) 17時52分(タイ時間)
【タイ】20日のタイは全国的に気温が上昇し、酷暑に見舞われた北部を中心に熱中症による死者が続出した。

 最高気温が39.4度を記録した北部プレー市では、40~60歳代の男性3人と62歳の女性1人が自宅で死亡した。いずれも熱中症とみられている。

 中部アユタヤ市内では、53歳の男性が寺の宿舎で死んでいるのがみつかった。酷暑の中で酒を飲んだため、急性アルコール中毒でショック死したもようだ。

 中部スパンブリ県のシープラチャン郡では、民家の屋根の修理をしていた65歳の男性が暑さのために気を失い、そのまま死亡した。

 北部メーホンソン県では同日の最高気温が41度に達した。
《newsclip》

注目ニュース

タイ東北で嵐、病院の屋根崩落newsclip

【タイ】3月31日午後、タイ東北部のノンカイ県、マハーサラカム県、ルーイ県、ナコンラチャシマ県などが強い風雨に見舞われ、建物の屋根が飛んだり、電柱が倒れるなどした。

タイ東北カラシン市で嵐、住宅80棟超被害newsclip

【タイ】23日、タイ東北部カラシン市が強い風雨に見舞われ、住宅80棟以上で屋根が飛んだり窓ガラスが割れるなどの被害が出たほか、電柱が倒れて停電が発生した。また、倒れた樹木などで自動車数台が破損した...

タイ東北で嵐 屋根飛び電柱倒れるnewsclip

【タイ】16日夕方、タイ東北部ナコンパノム県シーソンクラーム郡が強い風雨に見舞われ、住宅、校舎など約500棟の屋根や窓ガラスが壊れ、電柱約20本が倒れる被害が出た。



新着PR情報