RSS

「改善なければ6カ月後に禁輸」 EU、違法漁業でタイに警告

2015年4月23日(木) 12時46分(タイ時間)
【タイ】欧州連合(EU)の政策執行機関である欧州委員会は21日、タイ政府に対し、違法・無報告・無規制漁業(IUU)の取り締まりが不十分だとして、6カ月以内に改善計画を実施しない場合、タイからEU域内への水産物輸入を禁止すると警告した。

 EUはIUUの防止廃絶に向け、2010年にIUU漁業規則を導入し、違反した国・地域からの水産物・加工水産製品の輸入を禁止した。現在、IUU漁業規則違反でEU域内への輸入が禁止されている国はスリランカ、ギニア、カンボジア。EUはタイについて、2011年から、IUUの状況分析とタイ当局との対話を進め、タイ政府の対応が不十分と判断した。

 タイ商務省によると、EUはタイ側に対し、IUU防止に向けた▼漁業関連の法整備▼行動計画の策定・実施▼漁船の監視システムの導入▼漁獲証明書の添付によるトレーサビリティの改善――などを要求している。

 EUによると、2014年のEUのタイからの水産物輸入は前年比12・5%減の6億4600万ユーロだった。

 タイ外務省は21日に声明を出し、EUの警告に対し、「タイ政府による過去6カ月の真しな努力を無視するもの」、「EUの判断に深く失望した」、「審査は透明、公正、非差別的で、正確な事実に基づくべき」などと強く反発した。一方、IUU取り締まりに向け、EUと協力を続けるとも表明した。

 昨年5月にクーデターで発足したタイの軍事政権は民主主義、人権をめぐり欧米との関係が冷え込んでいる。タイ外務省の声明の背後には、EUの警告にIUUだけでなくタイ軍政全体に対する制裁的な側面があるというタイ側の認識が反映されているようだ。
《newsclip》

注目ニュース

タイ南部で漁船の出入港検査強化 奴隷労働報道でnewsclip

【タイ】タイ農業協同組合省漁業局は4月1日から、タイ南部のチュムポン、ラノン、ソンクラー、プーケットの4県の港で、30トン以上の漁船に対し、出入港の際に、船員や漁具、漁獲などの情報を提出することを...

【タイ】23日午後2時ごろ、タイ東部ラヨン県沖約7キロの海上で、タンクにつかまり漂流していたミャンマー人の男性2人(26、20)がタイ海軍の艦艇に救助された。

人身売買、奴隷労働 英紙のタイ漁業報道が波紋newsclip

【タイ】英紙ガーディアンが今月10日、タイの漁船に売られたミャンマー人、カンボジア人らが奴隷労働を強いられていると報じ、関与を指摘されたタイの食品大手が釈明に追われた。

特集