RSS

中国鉄建がジンバブエで公共住宅工事、総額2262億円の大口受注

2015年4月29日(水) 12時25分(タイ時間)
【中国】鉄道インフラ建設大手の中国鉄建(1186/HK)は27日引け後、中鉄建中非建設公司傘下のChina Civil Engineering Construction Corporationを通じて、ジンバブエ共和国で公共住宅工事を受注したと発表した。

 地元政府、関連当局と総額19億2900万米ドル(約118億900万人民元=2262億円)の契約を結んだ。同額は2014年売上高の1.99%に相当する。

 中国鉄建は調査・コンサルティング・設計から建設工事請負まで、建設総合サービスを提供する。手がける領域は、道路、橋梁、港湾、空港、治水、住宅など幅広いが、社名の通り鉄道が中心。ほかに建機・資材の製造、不動産、物流なども手がける。同業の中国中鉄(390/HK)と双璧。売上高ベースで、世界ゼネコン2位に位置する(ENR誌ランキング)。海外進出。アジア、アフリカ、北南米、欧州など世界78カ国・地域で400件超の建設プロジェクトを請け負う。ただ海外での売上高は全体の4%。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】春節(旧正月)連休の影響を受け、中国の2月不動産販売はやや低調な結果となった。

タイ東北カラシン市で嵐、住宅80棟超被害newsclip

【タイ】23日、タイ東北部カラシン市が強い風雨に見舞われ、住宅80棟以上で屋根が飛んだり窓ガラスが割れるなどの被害が出たほか、電柱が倒れて停電が発生した。また、倒れた樹木などで自動車数台が破損した...

【ベトナム】新華社電などによると、ベトナム国会はこのほど、外国人の住宅購入を解禁する内容の土地法改正案を可決した。



新着PR情報