RSS

中国:部品と完成車の価格差大、最高はBMWやベンツの6台分

2015年4月29日(水) 12時26分(タイ時間)
【中国】部品価格と完成車価格の比率を表す「零整比」を各車種で調査したところ、BMWの5シリーズ「F18」、メルセデス・ベンツのEクラス「W212」が最も高い650~660%に達していたことが判明した。

 部品を購入して組み立てた場合、完成車6.5~6.6台が購入できる計算になるという。中国保険業協会と中国自動車メンテナンス業協会の共同報告として、京華時報が28日付で伝えた。

 半面、長城汽車の「哈弗H6」、北京現代汽車(北京汽車:1958/HKと韓国ヒュンダイモーターの折半出資)の「ix35」は部品が比較的に安価。「零整比」は2以下にとどまったという。

 両協会はまた、部品価格の相対的な高さ、安さを示す「汽車消費者常用配件負担指数」を初めて公表。部品価格が最も高い車種として2010年型のベンツAクラス「A180」を挙げた。汽車消費者常用配件負担指数は39.66ポイントに上ったという。以下、2009年型のベンツBクラス「B200」で33.23ポイント、BMWのIシリーズ「120i」で32.22ポイントなどが続いた。

 中国の自動車市場では現在、「車を買えても、価格が高すぎて修理ができない」という現象がみられるという。純正部品・アフターサービス価格をメーカーが統制しているためと報じられている。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【シンガポール】ヤンマーは20日、レーザークラッディング技術(使用済み部品の磨耗部に金属粉末とシールドガスを吹きつけながらレーザー光で肉盛りすることで部品を補修再生する技術)を活用した船舶用および...

【タイ】国際協力銀行(JBIC)は3月31日、八城工業(広島県東広島市)に対し、広島銀行と総額1億円の協調融資を実施すると発表した。JBICの融資分は5000万円。

【タイ】国際協力銀行(JBIC)は19日、自動車部品メーカー、ちば製作所(川崎市)のタイ法人チバ・マニュファクチャリング(タイランド)に対し、三井住友銀行と協調融資を実施すると発表した。JBICの...

【カンボジア】日本発条(ニッパツ)は4月中に、自動車用シートの縫製部品を製造する新会社をカンボジアに設立する。

独自動車部品大手シェフラー、タイ東部に工場newsclip

【タイ】独自動車部品大手シェフラーはタイ東部チョンブリ県へマラート・チョンブリ工業団地2にクラッチディスク、クラッチプレッシャープレートなどを生産する工場を建設し、2016年第1四半期に生産を開始...

特集



新着PR情報