RSS

サイアム・セメントとレンゴーのベトナム合弁会社が年産倍増、1・3億ドル投資

2015年5月6日(水) 02時45分(タイ時間)
【ベトナム】レンゴー(大阪市北区)が30%、タイ素材大手サイアム・セメント(SCC)グループが70%出資するベトナムの段ボール原紙メーカー、ビナクラフトペーパーは2017年第2四半期中に年産能力を24・3万トン増の48・9万トンに引き上げる。

 投資額は1億3000万ドル。

 ベトナムの段ボール原紙需要は2014年で年130万トン。今後も年率6―10%の伸びが続くと予想し、生産強化を決めた。
《newsclip》

注目ニュース

タイ王室系サイアム・セメント 14年12%増収、4876億バーツnewsclip

【タイ】タイ王室財産管理局が30%出資するタイの大手複合企業サイアム・セメント(SCC)は2014年の売上高が前年比12%増の4875・5億バーツだった。最終利益は8%減の336・2億バーツ。

【タイ】タイ素材大手サイアム・セメントは16日、同社が所有するミシュラン・サイアム・グループの株式全て(発行株式の10%)を合弁相手の仏タイヤ大手ミシュランに約23億バーツで売却すると発表した。

【ミャンマー】三井物産はタイ王室系財閥サイアム・セメントと共同で、ミャンマーで自動車アフターサービス事業に乗り出す。

【タイ】レンゴー(大阪市北区)は14日、段ボール、紙器を製造するタイの合弁会社タイ・コンテナーズ・グループがタイの軟包装メーカー、プレパック・タイランドの株式22%を取得したと発表した。



新着PR情報