RSS

コニカミノルタのマレーシア生産拠点、次世代型生産体制で本格稼働

2015年5月8日(金) 02時53分(タイ時間)
【マレーシア】コニカミノルタは7日、次世代の革新的な生産体制作りに向け掲げた「デジタルマニュファクチュアリング」をコンセプトとする生産拠点として、マレーシア子会社コニカミノルタビジネステクノロジーズマレーシアが本格稼働したと発表した。

 コニカミノルタビジネステクノロジーズマレーシアは2014年設立。主に複合機の消耗品を生産する。

 「デジタルマニュファクチュアリング」はコニカミノルタが考える次世代の生産体制で、情報通信技術(ICT)と自動化技術を融合させ、生産プロセスの現状、モノの動き、管理情報などを自動で把握し、現状分析から経営指標まで様々な視点で情報を活用して、効率的な生産拠点の経営を実現するもの。

 具体的には▼機械や電気系統の制御、化学技術など様々な技術要素を高い精度で組み上げる必要のある精密機器の組み立て工程において、生産ライン状態の管理と状況把握を自動で行い、人手をかけずに適切な生産条件に調整し維持する仕組み▼生産品を自動的に倉庫へ搬送し在庫認識するとともに、生産数・在庫数から判断した適正数量を自動で出荷するなど、ICTを通じてモノの動きを把握し、さらに統合管理し数値化することで経営指標として活用する仕組み▼生産情報のリアルタイム管理を通じて、生産拠点全体の費用と売り上げ(出荷)情報を自動で集計し、損益状況などの経営指標のオンデマンドでの「見える化」を行う仕組み▼部品、部材の属性情報の活用や、生産技術情報のマレーシアと他の拠点とのネットワーク共有で、バーチャル環境下でのシミュレーションや技術検討を可能にする仕組み――を段階的に導入し、今後生産品目数の拡大とともに、本格運用する。
《newsclip》

注目ニュース

【マレーシア】コニカミノルタはマレーシア・マラッカ市に複合機の消耗品・部品を製造する子会社「コニカミノルタビジネステクノロジーズ マレーシア」を設立し、10月から稼働する。

【タイ】コニカミノルタは1日、タイに100%出資の情報機器販売子会社「コニカミノルタ・ビジネス・ソルーションズ(タイランド)」(資本金3億6900万バーツ)を設立したと発表した。タイの代理店から情...



新着PR情報