RSS

1羽300万円 タイで闘鶏の高額取引が話題に

2015年5月8日(金) 15時10分(タイ時間)
【タイ】タイで3羽の闘鶏が計250万バーツ(約900万円)で買い取られ、話題となっている。

 6日付のタイ字紙カオソッドによると、高値がついたのは東北部ロイエット県の闘鶏養成所で育成されたジャオワーノン(8戦8勝)、ジャオマフアン(3戦3勝)、ジャオシーノー(デビュー前)。3羽は2012年に106万バーツでコンクリート工場オーナーに買い取られた著名な闘鶏ジャオケンカーオの息子たちで、闘鶏養成所のオーナーが計300万バーツで売りに出し、値引き交渉の末、バンコク郊外ノンタブリ県の実業家のタイ人男性(42)が手に入れた。男性は3羽を闘鶏の種鶏とする考えだ。

 タイでは闘鶏専門誌が数誌あるなど闘鶏が盛ん。建前は勝敗を楽しむ娯楽だが、実際には多額の金が動く違法賭博として人気がある。タイ字紙タイラットによると、これまでで最も高値がついた闘鶏は350万バーツで売買された。また、バンコク都内ドンムアン区にある闘鶏場では売り上げから経費を引いた利益が1日10万―50万バーツに上るという。
《newsclip》

注目ニュース

バンコクで賭場摘発、署長ら所轄署幹部4人を事実上停職newsclip

【タイ】18日夜、タイ軍と警察の合同部隊がバンコク都ドンムアン区の違法賭博場を捜索し、場内にいた客や店員の男26人、女15人を逮捕した。

タイ軍がバンコクの違法賭場摘発、所轄警察署長ら左遷newsclip

【タイ】26日夜、タイ軍と警察の合同部隊がバンコク都内の違法賭博場3カ所を捜索し、店員、客ら35人を逮捕した。

【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ警察は1月29日、タイ北部チェンマイ県の一戸建て住宅、マンションなど3カ所を捜索し、インターネット賭博サイトの運営に関与した疑いで、韓国人13人を逮捕した。

【タイ】インラク政権の閣僚経験者2人がタイ軍事政権によって軍基地内に拘束された際に、賭博に興じた挙句、けんかになったと複数のタイ字紙が伝えた。

【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ警察は19日、北部チェンマイ市の民家を捜索し、違法なオンライン賭博を行っていた容疑で、20、30代の韓国人の男5人を逮捕した。

特集



新着PR情報