RSS

タイ男性、フィリピン人蔑視コメントで解雇

2015年5月12日(火) 00時56分(タイ時間)
【フィリピン】インドのIT企業コグニザントのフィリピン子会社に勤務するタイ人男性がインターネットの交流サイト(SNS)、フェイスブックにフィリピン人を蔑視するコメントを書き込んでいたことが明らかになり、4日付で解雇された。男性は近くタイに帰国するもよう。

 この男性はフェイスブックの東南アジア諸国連合(ASEAN)コミュニティのページなどに、フィリピン人は「愚かな生物」、「スラムの奴隷」、「役立たずの民族」などと書き込み、フィリピン人から強い反発を受けた。男性は解雇された後、フェイスブック上で謝罪したが、その後も「謝っただろ。君たちは繊細すぎる」などと書き込み、フィリピン人の怒りをさらに買った。

 ASEAN加盟10カ国は、富裕なシンガポールから、経済的に遅れているミャンマー、カンボジア、ラオスまで、経済的な格差が大きい。タイは1人あたりの国内総生産(GDP)でシンガポール、マレーシアに及ばず、国全体の経済規模ではインドネシアに引けを取る。そうした中、タイのネチズン(ネット愛好者)はフィリピンを格下視する傾向があり、今回のトラブルの遠因となったようだ。
《newsclip》

注目ニュース

樹齢100年超の大木伐採、彫刻に ネット上などで批判 タイ南部newsclip

【タイ】タイ南部クラビ市当局が先月、市の美術館などに展示する彫刻の材料として、高さ20メートル超、推定樹齢100年超の大木を切り倒したことが明らかになり、地元やインターネット上で批判が巻き起こって...

ネットで偽「タイ王室発表」拡散、不敬罪容疑でタクシン派男逮捕newsclip

【タイ】タイ宮内庁発表と偽った偽造文書がインターネットの交流サイト「フェイスブック」や短文投稿サイト「ツイッター」で拡散した問題で、タイ警察は4日、偽造文書の流布に関与したとみられるミュージシャン...

【中国】福建省福州市の男性がこのほど、「迷子になった愛犬の発見者に謝礼5万人民元(約96万1000円)を進呈する」と微博(中国版ツイッター)に投稿し、ネットユーザーを沸き返らせた。



新着PR情報