RSS

川崎重工、マレーシアFPSO用天然ガス圧縮機受注

2015年5月13日(水) 22時05分(タイ時間)
【マレーシア】川崎重工は13日、マレーシアのTHヘビーエンジニアリング社が建造する浮体式生産貯蔵積出設備(FPSO)向けにモーター駆動天然ガス圧縮機2基を供給すると発表した。

 FPSOは洋上で採掘した石油や天然ガスから不純物などを取り除くなどの処理を施して貯蔵し、直接輸送タンカーなどへの積み出しを行う浮体式設備。従来の固定式プラットフォームと比べて水深が制約とならず、設置や移動、再利用が容易。THヘビーエンジニアリングのFPSOはJX日鉱日石マレーシア石油開発が開発を進めるマレーシアのラヤンオイル・ガス田(サラワク州ビンツル沖合)に設置される。

 川崎重工が受注したモーター駆動圧縮機は採掘過程で石油から分離された天然ガスを含む随伴ガスをFPSO上で昇圧し、洋上に設置された他のプラットフォームに海底パイプラインで圧送するために用いられる。

 ラヤンオイル・ガス田から産出する天然ガスは全長約200キロの海底パイプライン経由でJX日鉱日石エネルギーが出資するマレーシアLNGティガ社の液化プラントに輸送され、液化天然ガス(LNG)として販売される。コンデンセート(地下では気体として存在しているが、ガス田から採掘する際に液化する原油の一種)と原油はFPSOから洋上出荷する予定。
《newsclip》

注目ニュース

【マレーシア】川崎重工は7日、マレーシアのエネルギーサービス事業会社ガスマレーシアエネルギーアドバンスから20メガワット級天然ガス焚きガスタービン発電設備2台を受注したと発表した。

【タイ】川崎重工は12日、新日鉄住金エンジニアリングが日本とタイで実施するオンサイトエネルギー供給事業向けに、8000キロワット級ガスタービン発電設備2台を受注したと発表した。

【シンガポール】川崎重工は21日、シンガポールの超高圧送電線用トンネル建設工事向けシールド掘進機2機とシンガポール地下鉄のトムソンライン建設工事向けシールド掘進機6機の合計8機を五洋建設から受注し...



新着PR情報