RSS

中国:深センのプラスチック部品工場で300人デモ、警察が鎮圧

2015年5月15日(金) 11時49分(タイ時間)
【中国】広東省深セン市に位置する香港資本系のプラスチック部品工場で、従業員による賃金支払い要求デモが起きている。

 現場は宝安区・西郷鎮河東工業区の松暉実業(深セン)公司。今月初めに事業を停止すると発表した。総勢498人の従業員すべての賃金198万人民元(約3800万円)が未払い。5日から抗議行動を展開している。複数の中国メディアが伝えた。

 13日の午前には、未払い賃金の支払いを求めて従業員約300人が集合。宝安区政府庁舎前まで行進し、抗議の声を上げた。ただ、駆け付けた警察が鎮圧。多数の従業員が殴打され、集会は強制的に解散させられた。重傷の3人は治療を受けているとされる。

 松暉実業(深セン)有限公司は1990年に設立された。プラスチック製モジュール、プラスチックケース、列車模型などの生産を手がけている。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】四川省東南部に位置する内江市威遠県で13~14日にかけて、化学工場の有毒ガス排出に抗議する地元住民や学生による大規模デモが発生したようだ。

【中国】アパレル工場の閉鎖をきっかけに、広東省東莞市で数千人の労働者が抗議デモを展開している。

バンコクで小規模な反軍政デモ、4人逮捕newsclip

【タイ】14日、バンコク都心の高架電車ナショナルスタジアム近くのバンコク芸術文化センター前で、軍事政権に反対する小規模なデモがあり、戒厳令による政治集会禁止命令に違反したとして、デモ参加者のタイ人...

特集



新着PR情報