RSS

タイ南部沖をロヒンギャ族難民船漂流 助け求め泣き叫ぶ

2015年5月15日(金) 16時15分(タイ時間)
昨年11月にタイ南部の海岸で不法入国容疑で逮捕されたロヒンギャ族の画像
昨年11月にタイ南部の海岸で不法入国容疑で逮捕されたロヒンギャ族
写真提供、www.m-society.go.th
【タイ】14日、アンダマン海のタイ南部サトゥン県沖で、ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャ族とみられる男女数百人が乗った木造船が漂流しているのがみつかった。

 この船に乗船したタイのテレビ記者が船上の人々に聞いたところ、船は3カ月ほど前にミャンマーを離れ、約1週間前に船員が姿を消した。エンジンは故障している。船内には男性約150人、女性約200人、子ども約100人の計約450人がいて、航海中に10人が死亡したという。食料、水、医薬品などが欠乏した状態で、女性、子どもは助けを求め泣き叫んでいた。

 タイ軍事政権はこの船について、「船上の難民はタイではない第3国に行くことを希望している」(サンスーン・タイ軍政副報道官)として、海軍の艦艇を通じて、水、食料などを供給するものの、救助して上陸させることはしない方針だ。

 翌15日、アンダマン海に面したタイ南部パンガー県の島で、ロヒンギャ族とみられる男女106人が上陸しているのがみつかり、タイ当局が保護した。別の難民船でたどり着いたとみられている。

 ロヒンギャ族はもともとミャンマー西部に居住していたが、1970年代後半から、ミャンマー政府による迫害と貧困を逃れ、数十万人が難民としてバングラデシュなどへ脱出した。2007年ごろからは、タイ、マレーシアに船で密入国を図るケースが増えている。タイ政府は過去数年、領海内に入ったロヒンギャ族の難民船を沖に曳航して置き去りにしたなどとして、欧米の人権保護団体やメディアから批判された。

 タイでは今年4月末から5月上旬にかけ、マレーシア国境に近い南部のソンクラー県とサトゥン県の山中で、ロヒンギャ族の人身売買の拠点とみられるキャンプ跡地が70カ所以上みつかり、ロヒンギャ族とみられる約300人が保護された。キャンプ跡地には木を組んでビニールシートをかけた建物や衣類などが残され、30人以上の遺体が埋められていた。人身売買の被害者数千人が収容されていたとみられ、このうち、病死したり、人身売買業者に殺害された人が遺棄されたもよう。

 この事件で、タイ当局は5月12日までに、人身売買、誘拐などの容疑で、キャンプ跡地がみつかったソンクラー県パダンベサールの市長、地元の村議、警官、旅行業者ら61人の逮捕状を取り、このうち19人を逮捕した。また、人身売買に関与した疑いがある警官約70人を南部から警察本部付などに異動させた。

 タイ当局によると、人身売買業者はロヒンギャ族などをミャンマー、バングラデシュから陸路、海路でタイに密入国させ、タイ南部の収容キャンプを経由し、イスラム教徒が多いマレーシア、インドネシアに送り込んでいた。密入国の手数料をとっていたほか、キャンプに収容した被害者に追加の金を支払うよう脅し、暴行を加えるなどした。

 タイで取り締まりが本格化したことを受け、人身売買業者は、証拠隠しのため、キャンプを放棄し、被害者を置き去りにしたとみられる。また、タイ、マレーシア、インドネシアでは、5月中旬に入り、ロヒンギャ族の難民船が相次いでみつかっている。

 タイ政府は対策を協議するため、ミャンマー、バングラデシュ、マレーシア、インドネシア、米国など関係15カ国と国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国際移住機関(IMO)などの代表者による会議を5月29日にバンコクで開催する予定だ。ただ、ロヒンギャ族については、ミャンマーが国籍を与えていない一方、タイ、マレーシア、インドネシアの3カ国は難民としての受け入れを原則拒否し、抜本的な問題解決の道筋は見えていない。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】マレーシア国境に近いタイ南部の山中で、人身売買の被害者とみられる30人以上の遺体がみつかり、タイ当局が捜査に乗り出した。

【タイ】1月11日未明、タイ南部ナコンシータマラート県の路上検問で、ピックアップトラック3台など車5台に乗ったミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャ族とみられる男女97人と車を運転していたタイ人の...

ロヒンギャ族難民か タイ南部で252人逮捕newsclip

【タイ】アンダマン海に面したタイ南部ラノン県の海岸近くで8日、ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャ族とみられる男女252人が密入国容疑で逮捕された。

タイ南部で密入国容疑者50人逮捕、ロヒンギャ族かnewsclip

【タイ】タイ当局は11日未明、南部パンガー県の天然ゴム園を捜索し、ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャ族とみられる男女51人を密入国容疑で、一緒にいたタイ人の男2人を密入国ほう助の疑いで逮捕...

【タイ】11日、タイ南部サトゥン県の海岸に、ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャ族の難民とみられる男性219人が乗った船が漂着した。タイ当局は男性らに水と食料を与え、12日、タイ領海外に送り...

【タイ】人権保護団体ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW、本部ニューヨーク)は13日、タイ南部パンガー県の海上でタイ海軍の兵士がミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャ族の難民約20人に発砲し、...

【タイ】タイ軍によると、アンダマン海のタイ領海に侵入したミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャ族の難民船の数が10月以降、急増している。ニュースクリップの電話取材に対し、軍の担当者は「海軍が海...

特集



新着PR情報