RSS

三菱商事と日立、ミャンマーで鉄道信号システム受注

2015年5月18日(月) 17時27分(タイ時間)
【ミャンマー】三菱商事と日立製作所は18日、ミャンマー国鉄に鉄道信号システムを納入すると発表した。国際協力機構(JICA)による無償資金協力事業で、契約額は約24億円。

 納入する鉄道信号システムは、列車の在線位置情報を指令所で一元的に把握するための列車中央監視装置、列車を安全に運行するための信号灯や分岐器を制御する電子連動装置、列車の接近により自動的に警報を作動させる踏切自動警報装置などで、ミャンマーの主要都市であるヤンゴンとマンダレーを結ぶ路線のうち、ヤンゴン中央駅からピュンタザ駅までの約140キロの区間に設置する。2017年6月の納入完了を見込む。

 ミャンマーの鉄道は老朽化が進み、輸送サービスの質と安全性の向上が喫緊の課題。また、ミャンマー国内の長距離輸送手段は自動車と航空が大部分を占め、旅客・貨物輸送の需要増加に対応するため、鉄道網の整備が必要となっている。
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】JR東海は27日、今年度に廃車する予定だった普通気動車28両をミャンマー鉄道省に譲渡すると発表した。

和泉首相補佐官が訪タイ ダウェー経済特区、鉄道建設でプラユット首相らと会談 newsclip

【タイ】和泉洋人首相補佐官がタイを訪問し、11日、タイ軍事政権のプラユット首相(前タイ陸軍司令官)を表敬訪問した後、経済政策を担当するプリディヤトン副首相(元タイ中央銀行総裁)と会談した。

【タイ】7日、タイ南部ラノン県ラウン郡のミャンマー国境近くの道路建設現場で、第2次世界大戦中に日本軍が建設した線路のレールとみられる鉄材16個がみつかった。ラノン県では2011年にも、県内のクラブ...

【ミャンマー】ヤンゴンからの報道によると、香港のペニンシュラ・ホテルは、ミャンマー・ヤンゴンにある鉄道省旧庁舎をホテルに改装することを計画しているもようだ。

【ミャンマー】JR西日本は1日、特急「はまかぜ」(大阪—鳥取)などに使用されたキハ181系気動車15両をミャンマー鉄道省に譲渡すると発表した。8日までに下関地平コンテナ基地から下関港まで陸送し、その...

特集



新着PR情報