RSS

エアアジアのバンコク―札幌便、6月は継続

2015年5月19日(火) 17時24分(タイ時間)
【タイ】マレーシアの格安航空大手エアアジアはバンコク(ドンムアン空港)―札幌(新千歳空港)直行便を6月末まで継続する。7月1日以降の運航状況は確定していない。

 エアアジアは当初、タイのグループ会社タイ・エアアジアXにより、5月1日にバンコク―札幌線に就航する予定だった。しかし、国連の専門機関のひとつである国際民間航空機関(ICAO)がタイ航空当局の安全審査体制に「重大な安全上の懸念(SSC)」を示したことを受け、日本の国土交通省がタイの航空会社による日本路線の新規就航、便数や機材の変更、チャーター便などの認可を3月29日から凍結したため、マレーシアのグループ会社エアアジアXが5月1日から同路線の代替運航を行っている。ただ、6月以降の運航は確定していなかった。
《newsclip》

注目ニュース

エアアジア、7月からKL―タイ東部ウタパオ空港newsclip

【マレーシア、タイ】マレーシアの格安航空大手エアアジアはクアラルンプール(KL)とタイ東部パタヤ市郊外のウタパオ空港を結ぶ直行便を7月16日から週4往復運航する。ウタパオ空港はパタヤ市の南約40キ...

エアアジアのバンコク―札幌便就航、6月以降は不透明newsclip

【タイ】マレーシアの格安航空大手エアアジアは1日、バンコク(ドンムアン空港)―札幌(新千歳空港)直行便の運航を開始した。毎日1往復で、使用機材はエアバスA330―300型機(377席)。

格安航空タイ・エアアジア、14年83%減益newsclip

【タイ】マレーシアの格安航空大手エアアジアのタイ法人タイ・エアアジアは2014年の売上高が前年比8%増の253億5550万バーツ、最終利益が83%減の3億3530万バーツだった。



新着PR情報